光のちから

f0160185_204905.jpg
フランスアンティークをこよなく愛する私ですが 典型的な田舎の日本家屋で育ちました
幼い時から 琴・日本舞踊・茶道という 「和」の文化に囲まれて育ったせいか
西洋文化に対する憧れが いつの間にか人一倍強くなったように思います

そんな私がフランスに惹かれた理由のひとつは フランスの「光の美しさ」。。。
分かる人には伝わると思いますが 特に春~初秋のフランスの 
光の美しさには きっと誰しも魅了されるに違いありません

f0160185_210125.jpgでも先日 la peintureでの
「和装」の前撮り写真を見せていただいて
自分の固定概念をくつがえされました

カメラマンさんによる~光の魔法

暗くて幼い頃はあまり愛着のなかった
祖父の残してくれたこの家が
大切で愛おしい空間にさえ思えました

大切にしたいもの 受け継ぎ守るべきもの
その存在に気づかせてくれた 「光」
そしてカメラマンさん、新郎新婦さんへ
心からの感謝をこめて。。。
[PR]
by la-peinture | 2010-10-04 20:30 | salon
<< 豊かな時間 la boutique ~ その2 >>